×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外ドラマのリスニング

海外ドラマの利用法

私が色々試してきて、
一番役に立ったと思ったのは
海外ドラマを英語教材にすることでした。

 

アメリカの大学に留学した当初、
周りのアメリカ人学生が何を言っているか分からず、
とても困りました。

 

これでも、
日本にいる時は色々とリスニングの勉強もして、
CNNのニュースなども90%以上は聞き取れるようになり、
日本にいる英会話学校の外国人教師の話も分かるようになったし、
これなら大丈夫!

 

と思っていましたが、
そこには落とし穴が。

日本人用にカスタマイズされた英語

まず、
日本に数ある英語学校、英会話学校ですが、
ナチュラルスピード(普段友達同士で話すような会話のスピード)で
英語をしゃべってくれる外国人の講師はほとんどいません。

 

大体、リスニングの苦手な日本人に合わせて、
ゆっくりと、しかも易しい英語でしゃべってくれます。

 

だから、正直、あまりリスニングの役に立たないのです。

 

CNNなどの英語も、
訓練されたアナウンサーが喋っているので、
とても聞き取りやすくなっています。

 

だから、CNNが聞き取れたからといって
現地に行くと痛い目に会います。私の様に(笑)

 

あと、アメリカの大学教授の授業中の話は
CNNが分かれば分かると思います。

 

けっこうフォーマルではっきりとした英語をしゃべってくれますので。
あとは、専門用語の英単語をどれだけ知ってるか、ですね。

海外ドラマ『フレンズ』をシャドーイング

大学の教授の話は分かったのですが、
周りの学生の英語の話が聞き取れないのはけっこうストレスです。

 

アメリカの大学の授業では
グループワーク(グループを組んで課題に取り組むこと)が
多いので学生とのコミュニケーションが取れるかどうか
は非常に重要です。

 

これではいけない!
と思って、何かしないとと思いました。

 

元々海外ドラマが好きだったので、
日常会話が分かるようにならなきゃ!と思い、
フレンズ(friends)というコメディードラマ(sitcom)の
DVDをレンタルして1話を3回くらい見ていました。

 

まず、一回目は英語字幕を出しながら
(アメリカのDVDには英語・フランス語・スペイン語の字幕がありました)
普通に楽しみました。

 

2回目、3回目はその字幕に合わせて
自分も一緒にそのセリフをつぶやきました。

 

これを大体10シーズンやりました。

 

フレンズの笑いのセンスはけっこう好きでしたし、
何回も見ていると登場人物に感情移入してくるので
何回見ても面白かったです。

 

やっぱり面白い教材じゃないと続かないですよね。
特にフレンズは1話20分くらいなので、
集中力も続くし、かなり良かったです。


Copyright (C) 2009 TOEICで高得点を取る英語リスニング教材 All Rights Reserved.

海外ドラマで英語のリスニング練習

海外ドラマで英語のリスニングを練習しよう