×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語リスニング教材

海外ドラマは多聴向き

リスニングが上達するには、
それなりの場数を踏まなければいけません。

 

つまり、アルクのヒアリングマラソンのような
多聴をするということです。

 

一般的なアメリカドラマの場合、
1話が45分で、1シーズンが24話あります。

 

更に、人気の海外ドラマだと
フレンズの様にシーズン10まであったりするので、
全部見るとかなりの時間になります。

 

その間、ドラマを楽しみながら
英語のリスニングの勉強になるわけですから、
一石二鳥ですよね。

私のお気に入り海外ドラマ

英語が分かるようになってくると、
「この日本語字幕じゃニュアンスが伝わらないよな〜」
ということを思うようになってきます。

 

多分、字幕を付けた方も分かっていると思うのですが、
字幕で表すのは難しいので、
苦肉の策としての翻訳なのだと思います。

 

英語でしか出せないジョーク
なんかが分かるようになると、一層楽しいです。

 

○「24シーズン1」〜「24シーズン7」

 

何と言っても、続きが気になる海外ドラマの代名詞「24」
ジャックバウワーの台詞はけっこう汚い(Dam it !など)です。

 

まあ、台詞が分からなくても
なんとなくプロットが分かりそうなので初心者向きです。

 

○ロスト(LOST)

 

不思議な現象が次々と起こるので、
謎の原因が気になって見てしまいます。
JJエイブラムスプロデュースのドラマは
どんでん返しが多いので面白いです。

 

○エイリアス(Alias)

 

ロストと同じプロデューサーの二重スパイの話です。
誰が敵か味方か最後まで分からないという
どんでん返しがありすぎのドラマです。

 

○バフィ

 

女子高生がバンパイア退治をするドラマ。
10代向けのドラマと思いきや、
エスプリの効いた台詞が多く、面白いです。

 


Copyright (C) 2009 TOEICで高得点を取る英語リスニング教材 All Rights Reserved.

続きが見たくなる海外ドラマDVD

管理人が好きな続きが見たくなる海外ドラマDVD